オーダーメイド結婚契約書【Salvia】結婚・事実婚・再婚・離婚の不安を解消 夫婦関係修復のための夫婦間契約書・婚前契約書・遺言書サポート【全国対応】

Salviaマリッジカウンセリング

    オーダーメイドの結婚契約書【Salvia】
    結婚・事実婚・再婚・夫婦再スタートのための契約書
    事実婚・再婚カップルのための遺言手続サポート
    離婚カウンセリング・離婚協議書サポート

面談・電話・メール[全国対応]

土曜日・夜間も受付します

大阪市西区西本町1-8-2 三晃ビル4階
橋本行政書士事務所内

地下鉄四つ橋線本町駅24番出口徒歩1分

06-6543-7727

再婚時の遺言手続サポート

再婚時の遺言手続サポート
~「ご家族への配慮」をカタチにしませんか?~

再婚を考えるときに、相続の場面で気になるのは、子どもへの影響ではないでしょうか。
たとえば、ご本人や再婚相手に、

  • 過去に、認知した子がいる。
  • 前婚で別れた子がいる。
  • 再婚後に生まれた子がいる。
  • 再婚時に養子縁組をしている。

上記の場合だと、すべての子に相続権があります。

法律で定めている相続の規定は、一般的な家族関係を想定していますから、これを再婚などの複雑な家族関係に当てはめると、公平ではないという場合も少なくありません。

例えば法定相続では、子は平等の相続分を有していますが、再婚後に生まれた子どもで、親の面倒をよく看てくれた子と、何十年も前に別れたきり、顔も見ていない子とでは、それなりの差を設けてあげないとかえって不公平ということもあります。

その家族関係に合った相続の仕方を、遺言できちんと決めておくことは、後に残された者にとって、とても有り難いことであり必要なことなのです。


再婚というのはパートナーや新しく生まれた子どもへの将来を含めた配慮が必要です。
また、逆にすでに成人した子がおり、親が再婚する場合、成人した子が再婚を反対している場合などもありますので、ケースによってまわりの家族が、できるだけ快く再婚を受け入れられるような心づかい、準備が必要となります。

再婚時の遺言手続きについて

再婚の悩みでよく聞かれるのは、家族からの反対です。たとえば、再婚相手のお相手や、あなた自身のお子さんがすでに大きくなっておられる場合。
大きくなった子どもから再婚を反対されているということをよく耳にします。

「相続」という問題が大きく絡んでくることが大きな原因のひとつです。
子どもにとって、親が再婚してしまうと子の相続割合が減ってしまいます。
「うちは財産と言えば家だけで、相続で揉めるような財産があるわけじゃないし大丈夫」とおっしゃる方がおられますが、実際に相続の場面では、残された伴侶が相続で揉めて結局、家を売却しなくてはならなくなったケースもあります。
また、財産の有無に関係なく、法律上の権利を侵されるかもしれないという感情は、再婚を歓迎できない要因になっています。

それだけではありません。
再婚は当事者の問題だけではなく、二人をとりまく親や兄弟、ひいては別れた子と、再婚後に生まれた子や妻が「相続」という場面でもめるようなこともあるのです。

不本意な揉め事やトラブルに家族を巻き込まないために、再婚を機会に遺言書を残しておかれることをおすすめします。

遺言書の種類

遺言書には、民法に定められた規定の方式があります。
それに従って作成しないと法的に無効となってしまう場合がありますので、注意が必要です。

 

 自筆証書遺言公正証書遺言
作成する場所どこでもできる公証役場
作成する方法

 本人が自筆にて

(ワープロは×)

(ビデオ録画等は×)

公証人の前で

口述して筆記

(メモ等を持参してもOK)

証人・立会人不要必要(2人以上)
家庭裁判所の検認必要不要
メリット

いつでも、どこでも自分で作成できる。 

形式不備の心配がない。遺言書は公証人が保管。検認が不要。 

デメリット

形式不備で無効となる可能性がある。保管に気をつけないと紛失や改竄のおそれあり 

証人2人が必要

作成手数料がかかる 

どちらの遺言書にも多少のメリットとデメリットがありますが、おすすめしたいのは公正証書遺言です。
公正証書遺言の一番大きな利点は、公証役場で保管されますので、紛失したり改ざんされる恐れがなく安心であること、そして家庭裁判所の検認の手続きが要らないことです。検認の手続きが要らないということは、すぐに相続手続きに入ることができるということです。作成するときのひと手間が必要になりますが、きっちりとした公正証書で残しておけば、将来ご本人もご家族も安心です。
自筆証書遺言などの場合は、勝手に封を切って開けてしまうと無効になります。
検認とは…法定相続人に遺言の存在を知らせるため、家庭裁判所にて遺言書を開封し、遺言書の内容を明確にする手続きです。

 

再婚時に遺言書を残しておくことのメリットとは?

  • 遺言を残しておくことによって、相続人の争いを防ぐことができる。
  • 前婚で別れた子と再婚した妻(夫)が相続の場面で揉め事を避けられる。
  • 過去に認知した子と今(再婚)後の子との揉め事を避けられる。
  • 残された家族がスムーズに相続の話し合いを進められる。
     
  • まわりの家族の意見や気持に配慮した相続分を生前に決めておける。
  • 相続権のない人に財産を譲ることもできる。
     


再婚時の遺言書は、立場が二つに分かれると思います。
○遺言書を書いて欲しいとお願いする側。
○遺言書を書いてと頼まれる側。

お願いする立場と、頼まれて残す側とではお互いの利点は違うかもしれませんが、共通するのは「家族のために」ということです。
遺言書を残す側は、自分の意思を反映させた遺言を残せるという点では大きな利点と言えるかと思います。

まずは、話し合いのきっかけとなる「たたき台」
カウンセリングシートを作ってみませんか?

再婚や事実婚のカップルの方で「将来のために、いずれはきちんと文書を残しておきたいけれど、改まってパートナーへ切り出しにくい」と仰る方が意外にもたくさんおられます。

ご相談者様から「たたき台になるような文書を作ってほしい」というご要望から、オーダーでカウンセリングシートのみ単体でお受けすることにしました。
お二人に合わせたテーマで話し合いができるとご好評をいただいております。

ご相談者様の生のお声を聴いていると、やはり求められているのは「話し合えるきっかけ」なのだと感じています。結婚契約書まで作成するかしないかは別問題として、お二人の間で今、必要なことは話し合うこと。
「なかなか切り出しにくい。」「まずは話し合いたい。」と考えておられる方は、カウンセリングシートのみの作成もお受けいたしますので、お気軽にご相談ください。

詳しくはこちらをクリック

資料はこちらからダウンロードできます。

再婚の不安を解消する方法とは?

再婚の不安を解消するため、当事務所がおすすめする2つの方法をご紹介します。

再婚のお二人の転ばぬ先の杖になります。
再婚契約書のメリット

再婚で子どもに与える影響は?再婚を期に固有財産をきちんと確認しておきたい。再婚契約書についてもっと知りたい等

再婚は当事者だけの問題ではない、と相談カウンセリングの場面でも感じています。

それぞれの立場から再婚をとらえた場合、少なからず影響を及ぼすのが再婚の特徴です。

もしかすると、再婚する相手に対して「遺言書を書いて欲しい」とお願いすることは、二人の関係に水を差すことだと気がひけるかもしれません。
しかし、再婚をするということは、それだけまわりの家族へ与える影響が大きいということを今一度認識していただき、のちになって家族を揉め事やトラブルに巻き込まないために、配慮が必要となります。

お子さんのために、親としてしてあげたいこと。
遺言書にはさまざまな法律上のルールがありますが、まわりの家族の希望や気持を反映させてお作りすることが可能です。

【よくいただくご質問】

・私たちのケースならば、どんな遺言書を残しておくべき?
・自分で遺言書を作ることはできますか?
・遺言書の証人をお願いすることはできますか?など


再婚時の遺言手続きのことで、不安ごとがあればお気軽にご相談ください。
 

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6543-7727

受付時間:9:00~19:00(日祝を除く)

Salvia
カウンセリングルーム

落ち着いた雰囲気の中、じっくりとお話をお聴きします

事務所概要はこちら

結婚・再婚・事実婚・離婚・夫婦修復カウンセリング

行政書士 細竹里佳子
結婚・事実婚・再婚・離婚
不安はございませんか?
一緒に考えましょう。

06-6543-7727

カウンセリングご予約は
こちらのフォームから
24時間受付中!

2015.6.16夕刊フジ

夕刊フジに事実婚の記事とともにSalviaが紹介されました。

朝日放送2014.12.23
雨上がりのやまとナゼ?しこ

夫婦円満のツールとしてSalviaが番組で紹介されました。

  ~相続・遺言~

遺言書作成サポート・故人の遺産処分や慣れない手続をお手伝

相続・遺言の不安解消は橋本事務所へ!

 ご家族の方やご自身の
 老い支度は万全ですか?

詳細はこちら