オーダーメイド結婚契約書【Salvia】結婚・事実婚・再婚・離婚の不安を解消 夫婦関係修復のための夫婦間契約書・婚前契約書・遺言書サポート【全国対応】

Salviaマリッジカウンセリング

    オーダーメイドの結婚契約書【Salvia】
    結婚・事実婚・再婚・夫婦再スタートのための契約書
    事実婚・再婚カップルのための遺言手続サポート
    離婚カウンセリング・離婚協議書サポート

面談・電話・メール[全国対応]

土曜日・夜間も受付します

大阪市西区西本町1-8-2 三晃ビル4階
橋本行政書士事務所内

地下鉄四つ橋線本町駅24番出口徒歩1分

06-6543-7727

事実婚カップルのための遺言書

事実婚・大切なパートナーを守るための遺言書とは?

事実婚カップルのための遺言書

事実婚のご夫婦の場合、法律上の夫婦と大きく違う点。「相続権がない」ということです。
連れ添ったパートナーに財産を残すための方法はいくつかありますが、遺言書」を残しておくことは将来の不安を解消するためにはとても大切なことです。
もう一つとして「死因贈与契約」という方法があります。
死因贈与契約は遺言と同じく、執行者を指定しておくことができます。
他の相続人との利害の対立が考えられるため、トラブルを避けるためにも、執行者を指定しておくべきだと思います。
また、安全かつ確実なためにも、遺言書も死因贈与契約書も公正証書にして残しておきましょう。

 

事実婚のパートナーそして、まわりの家族にも配慮を。

パートナーと共に生きていきたいけど、子どもたちや親、兄弟が反対している。だから、事実婚という形を取ろうかと迷っている。
このように仰る方は少なくありません。

離婚歴があり、お子さんが成人している中高年の方やシニアの方にとって、まわりのご家族の理解をなかなか得られず、ご自身も迷い悩まれているケースは多いようです。
そのようなとき「遺言書を残す」という将来への配慮の方法もあります。

もちろん、事実婚のパートナーに対する優しさ、配慮を形に残すことの大切さは、上記にも書いたとおりですが、子どもに対する配慮も忘れてはいけません。
ご自身の死後、残されたパートナーや家族が「相続」の場面から「争族」とならないためにも。

その家族関係に合った相続の仕方を、遺言できちんと決めておくことは必要なことであり、後に残された者にとっては安心が得られその配慮に感謝されます。

また、成人した子が親の再婚や事実婚を反対している場合などもありますので、ケースによってまわりの家族が、できるだけ快く再婚や事実婚を受け入れられるような心づかい、準備が必要となります。

「相続権がない」という事実。曖昧にしておかないでください。

パートナーの死後、遺言書を残しておかなかったために、法律上の相続人からの請求により、泣く泣く家を出なければならなくなったり、生活が苦しくなるケースが実際にあります。
このような悲しい想いをしない・させないためにも、事実婚のご夫婦はお元気なうちに、きちんとした準備をしておいてください。

事実婚契約書ならこんな不安を解消できます。

  • 二人の意思確認だけでなく「事実婚」であることを対外的に認められるために。

  • 子どもができたとき、二人が揉めないために。

  • 事故・病気になったときや、将来の不安を解消するために。

  • 「相続権がない」という事実。曖昧にしておかないでください。

  • 法律婚に移行するタイミングを決めておくために。

  • 事実婚の関係を解消するとき=「責任を取る」内容を決めておく。
                       ⇒詳しくはこちら

遺言書を残しておくことのメリット

遺産相続では民法で定められた法定相続分よりも「故人の遺志」である遺言による相続が優先されます。
遺言書を残しておくことの主な利点をまとめてみました。

相続権のない事実婚のパートナーに財産を残すことができる。
 

遺言を残しておくことによって、相続人の争いを防ぐことができる。
 

まわりの家族の意見や気持に配慮した相続分を生前に決めておける。
 

将来の不安を解消することができる。

法定相続人には「遺留分」が法律で定められていますので、遺言書を作成するときには「遺留分」についても一定の配慮が必要となります。

 

遺言書の種類

遺言書には、民法に定められた規定の方式があります。
それに従って作成しないと法的に無効となってしまう場合がありますので、注意が必要です。

 自筆証書遺言公正証書遺言
作成する場所どこでもできる公証役場
作成する方法本人が自筆にて
(ワープロは×)
(ビデオ録画等は×)
 

公証人の面前にて

口述して筆記
(通常は原案を作成して持参)
 

証人・立会人不要必要(2名以上)
家庭裁判所の検認必要不要
メリットいつでもどこでも、自分で
作成できる。
形式不備の心配がない。遺言書は公証人が保管。検認が不要。 
デメリット形式不備で無効となる可能性がある。保管に気をつけないと紛失や改竄のおそれあり 

証人2人が必要

作成手数料がかかる 

どちらの遺言書にも多少のメリットとデメリットがありますが、おすすめしたいのは公正証書遺言です。
公正証書遺言の一番大きな利点は、家庭裁判所の検認の手続きが「要らない」ことです。検認の手続きが要らないということは、すぐに相続手続きに入ることができるということです。作成するときのひと手間が必要になりますが、きっちりとした公正証書で残しておけば、将来ご本人もご家族も安心です。
自筆証書遺言などの場合は、勝手に封を切って開けてしまうと無効になります。
検認とは…法定相続人に遺言の存在を知らせるため、家庭裁判所にて遺言書を開封し、遺言書の内容を明確にする手続きです。

平成27年6月16日発売の夕刊フジに大人の婚活事情というテーマで、「事実婚」に関する記事が取り上げられ、私の解説とともにオーダーメイドの結婚契約書【Salvia】が紹介されました。

まずは、話し合いのきっかけとなる「たたき台」
カウンセリングシートを作ってみませんか?

再婚や事実婚のカップルの方で「将来のために、いずれはきちんと文書を残しておきたいけれど、改まってパートナーへ切り出しにくい」と仰る方が意外にもたくさんおられます。

カウンセリングのご相談者様から「たたき台になるような文書を作ってほしい」というご要望が増えています。
お二人に合わせたテーマで話し合いができるとご好評をいただいています。

私自身、皆さんが求めておられるのは「話し合えるきっかけ」なのだと感じています。遺言書や
結婚契約書をつくるかどうかは別として、まずお二人の間で必要なことは、話し合うこと。

「なかなか切り出しにくい。」「まずは話し合いたい。」と考えておられる方は、カウンセリングシートのみの作成もお受けいたしますので、お気軽にご相談ください。

カウンセリングシートについてくわしくはこちら

お問合せフォーム

ご質問などございましたら、なんなりとお気軽にお問合せくださいませ。

(例:山田幸子)

(例:sample@yamadahp.jp)
入力間違いにご注意くださいませ。

老後の不安を解消 事実婚のための「任意後見契約」

中高年の事実婚のカップルにとって、もうひとつ気がかりなことは、「将来のこと」「老いのこと」です。
今は元気であっても、誰しも年を取るにつれ、認知症などで判断能力が低下する心配が出てきます。

大きな事故や病気で、身体が不自由になったとき・老後に判断能力を失ったときなど、いざというときに信頼できるパートナーに、ご自分の意思を託せるよう任意後見契約を残しておくことをおすすめします。


 

  • 事実婚のデメリットや正しい知識を知っておきたい。
  • 遺言書について、もっと知りたい。
  • 結婚契約書がどんなものか話を聞いてみたい。
  • 任意後見契約について、もっと知りたい。

上記のようなご希望がございましたら、ご相談ください。
SALVIAマリッジカウンセリングの「SALVIA」の語源はラテン語の「治癒」「健康」を意味します。

幸せの光の中へこれから踏み出そうとしているカップルには、いつまでも円満で「健康」な関係を送っていただけるように。
悩みの中にある人には、ともに良い方向「治癒」へと進んでいただけるように。
SALVIAマリッジカウンセリングには、そんな願いが込められています。
再婚で不安やお悩みのときには、ぜひご相談ください。 

⇒細竹里佳子のつぶやき日記 

シングルマザーとして思春期の息子と向き合う日常。そして思いついたことを徒然なるままに書いています。

事実婚の不安を解消するための結婚契約書です。「備えあれば憂いなし」パートナーを守るために考えてみませんか?

病気になったときは?老後は?相続はどうなる?事実婚のデメリットについて解説しています。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6543-7727

受付時間:9:00~19:00(日祝を除く)

Salvia
カウンセリングルーム

落ち着いた雰囲気の中、じっくりとお話をお聴きします

事務所概要はこちら

結婚・再婚・事実婚・離婚・夫婦修復カウンセリング

行政書士 細竹里佳子
結婚・事実婚・再婚・離婚
不安はございませんか?
一緒に考えましょう。

06-6543-7727

カウンセリングご予約は
こちらのフォームから
24時間受付中!

2015.6.16夕刊フジ

夕刊フジに事実婚の記事とともにSalviaが紹介されました。

朝日放送2014.12.23
雨上がりのやまとナゼ?しこ

夫婦円満のツールとしてSalviaが番組で紹介されました。

  ~相続・遺言~

遺言書作成サポート・故人の遺産処分や慣れない手続をお手伝

相続・遺言の不安解消は橋本事務所へ!

 ご家族の方やご自身の
 老い支度は万全ですか?

詳細はこちら