大阪市西区 夫婦関係の相談ならSalviaマリッジカウンセリングへ。全国対応。離婚相談、離婚協議書、オーダーメイドの結婚契約書、夫婦関係修復契約書

Salviaマリッジカウンセリング

    オーダーメイドの結婚契約書【Salvia】
    離婚カウンセリング、離婚協議書サポート   
    夫婦関係修復契約書ならSalviaへご相談ください。

[全国対応]

土曜日・夜間も対応します

大阪市西区西本町1-8-2 三晃ビル4階
橋本行政書士事務所内

地下鉄本町駅㉔㉗⑲出口から徒歩1分

06-6543-7727

行政書士 細竹里佳子のつぶやき日記

2019.8.19  意外と難関!?あさりの砂抜き

先日立ち寄ったスーパーで、あさりが安くなっていたのを発見。あさりの酒蒸しが無性に食べたくなり、威勢よく買って帰りました。

しかし、意外と難関なのが、あさりの「砂抜き」なのであります。
あさりの砂抜きには、海水と同じ濃度の3%の塩水に30分ほど付けておく必要があるのですが、「3%の塩水」って…。ムズいやん。

この「砂抜き」がうまくいかず、口の中で≪ジャリ!≫という砂の触感に、げんなりしてしまうことがたびたびありました。

今回は、苦手だった「砂抜き」を念入りに、そして美味しくいただこうと、「あさり」「砂抜き」「失敗しない」でGoogle検索。

すると「3%の塩水」が、ペットボトルと、その蓋を使って、とても簡単に作れることが紹介されていました。

500mlのペットボトルの水に対して、蓋2杯分の塩を入れるだけ。
30分ほど塩水に浸し、アルミホイルを被せて砂抜きすれば完璧です!

お料理上手な方には、お手の物でしょうが、私には…


ポロン。

目からウロコ。
 

 


 


 

 

2019.8.17   何年かぶりの電話(後日談)


先日、7年ぶりに元夫からの電話を切ったあと、息子にその話をしました。


ふたを開けてみたら、元夫も息子の携帯番号を知らず、息子も父親の携帯番号が分からなくなっていたようです。


さっそく私が橋渡しとなり、お互いの番号を連絡しました。

しばらくそのまま放置?
・・・と思っていたら意外にも、その日のうちに、息子から父親へ電話を入れたようです。


久しぶりに男同士、どんな会話だったのでしょう。

 


 


 

 

2019.8.14   何年かぶりの電話

元気でやってますか?と、元夫からの電話。
お互いの近況を伝え合い、それぞれの場所で、それぞれに頑張っていることを確認しました。

私たち夫婦が離婚したのは18年前。
息子が4歳のころでした。
息子が中学校に入る頃までは、ときどき食事をしたり、親子で会っていました。
思春期に入った頃、宇宙人と化した息子に手こずった時は、元夫に相談したり、
進路の相談や、高校の入学式には、一緒に参列してくれました。
一人で育てる。育てられる、と過信していた私でしたが、結局、一人では育てられなかった。
つかず離れずの縁でしたが、関わりがあったことがありがたかった。
だから、元夫には感謝しています。

元夫には、実の息子を育てる機会を、奪ってしまったこと。
結局、結果、こうなっていたのだろうけど、やはり「申し訳なかった」と今さらながら思います。

元夫もまた、父親として十分なことをしてやれず「申し訳なかった」と言います。
そこは遠慮無用、親子なのだからと、息子に連絡してあげて欲しいことを伝えました。
きっと、息子も心のどこかで、父からの連絡をずっと待っていると思います。

交流が途絶えたこの数年間、彼は再婚し、お子さんがいる新しい家庭を支えるため、大変な思いをしたようで、今も奮闘中。
その経験があって、息子に対し感じることもあったようです。

お互いが「申し訳なかった」と言うので、可笑しく思いました。
でも、離婚からある程度の時間が経過して、子育てを終えた今、いろいろな角度からの景色が見えるようになって、初めて口に出せる言葉なのだと思います。

あるステージを越え、まったく形が変わった私たち元家族の関係。
なんとなく、労いの言葉のように聞こえて、あたたかい気持になりました。
 

 


 


 

 

2019.8.13 令和元年のお盆

台風が近づく前に、母とお墓参りに行ってきました。
車の中の温度計は39度を差し、アスファルトはゆらゆらと揺れていましたが、山上にある霊園は、下界より5、6度低く、降り注ぐ日差しはきついものの、幾分、爽やかな風を感じました。

子どもの頃の、何気に見ていた記憶は、生きて残っているんだなと思うのですが、
亡き父がいつもしていたやり方を真似て、お墓をお掃除。
父が見ていたら、私の方がもっと丁寧だったよと、言われるかもしれませんが、私なりの父のやり方。
手を合わせて、目を閉じると、一瞬、線香の香りと蝉の鳴き声、砂利の音しか感じなくなりました。
父は今夏も、帰ってきてくれたでしょうか。

帰り、ドライブがてら少し遠回りしようということになり、しばし山道と、のどかな田園風景をひた走りました。
しばらく走っていると、池田市の国道176号線に出てきた、ある信号待ち。
ふと、愛猫も「会いに来て」と言ってるような気がしました。

去年の9月、天国に行った愛猫が、池田市の万福寺というお寺に眠っています。
お参りしてあげたい気持はありながらも、愛猫の死を思い出すことが辛くて、実は少し足が遠のいていたのです。
普段なら通らないはずの道に通りがかり、おかげで愛猫のお参りができました。
愛猫の眠る万福寺は、お寺さんが動物に愛情深い方のようです。
とても手入れが行き届いていて、其処此処に愛が感じられます。
お花に囲まれ、たくさんの仲間に囲まれ、安らかに眠ってくれていると思えました。

いい一日でした。


 


 

 

2019.7.27 岩手県からのご相談者様

昨日、岩手県ご在住の相談者様が、面談カウンセリングのために、大阪の当事務所まで、お越しいただきました。

朝一の新幹線に乗って、お越しいただいたとお聞きし、とても驚きました。
電話でのカウンセリングにも対応させていただいているのですが、その相談者様は、やはり面と向かってお話をした方が、理解が深まるので面談を希望しましたと仰っていました。

はたして私は、交通費と労力を費やし、遠方から来ていただくに値する人物となり得るのか…さらに精進して、成長していく必要があると感じました。
と同時に、インターネットのおかげで、北海道や長野県など、遠方の方とのご縁をつくづく感じます。
本当にありがたいことです。

今回、再婚の向けてご夫婦での不安を解消と、話し合いを進めていただくため、まずはたたき台となるテーマシートの作成のご依頼をいただきました。

午後3時からの面談カウンセリングのあと、「午後5時半の新大阪発の新幹線に乗って帰ります。」ということでしたので「本当にとんぼ返りですね!」と思わず言ってしまいました。

申し訳なくって…大阪城でもご案内差し上げかった…(笑)



 


 

 

2019.7.11

最近、当事務所のビルの植込みにイタチがたびたび出現するらしいです。
先日も、植込みの中で3匹のイタチの子供が戯れあっていたとのこと!
私自身は遭遇していませんが、虎視眈々と激写のチャンスを伺っています
激写できた暁には、ページに掲載します(笑)
当事務所にお越しになる方は、もしかしたら会えるかも❓

 

 


 

2017.4.1 

わが家の猫、ちゃみは今年17歳になります。
今年20歳になる息子が3歳のころから一緒に生活を送ってきました。
いわば、私と息子、親子としての機微を、そばで見届けてきた唯一の存在が彼女です。

運転免許の合宿の際、二週間ほど留守にしていた息子が、自宅に帰ってきた瞬間、「ただいま」の次に出た言葉は「ちゃみは?」です。
高齢になったちゃみが、今日も元気でいるかどうか?
毎日そこにいてくれることが、そろそろ当たり前ではなくなってきていることを、私も息子も感じ始めています。

まだまだ元気な彼女ですが、人間でいうと80代のおばあちゃん。
最近少しずつ、老いの症状が出てきました。
寝ていることが多くなったこと。
鳴き声が大きくなって何かを訴えるようになったこと。
夜(朝方)に、大きな声で鳴くようになったこと。

老猫の夜鳴きはよくあることのようで、老化によって目や耳が悪くなることに不安を感じて鳴くこともあるそうです。
そういえば、名前を呼んだときの反応が少し鈍くなったように感じるので、耳が遠くなってきているのかもしれません。

気になりだしてからは、近くで名前を呼んで撫でてあげたり、目を見て瞬きをするアイコンタクトを増やしたりなるべくコミュニケーションをとるよう心がけています。

あともうひとつ、インターネットで見つけたのですが、気持を落ち着かせる効果がありそうとのことで、バッチフラワーレメディを試してみようと購入してみました。

バッチフラワーレメディは、5種類の花(インパチエンス、クレマチス、チェリープラム、ロックローズ、スターオブベツレヘム)を原料に用いたエッセンスで、ストレスやマイナス感情を和らげるそうです。
飲み水に数滴を垂らしてもいいし、手につけて撫でてあげても良いとのこと。
人でも動物でも安心して使用できるということで、私も一緒に試してみようと思います。
効果のほどは使ってみないとわかりませんが、また、これからの様子を日記に書いていきたいと思います。

老いていくことに不安を感じることは、動物も人も同じかもしれません。
ちゃみと私たちが、落ち着いた心のまま安心して、少しでも長く一緒に暮らしていけるために、工夫していけることがあれば取り組んでいきたいと思います。

 

 

 


 

 

 

2017.3.26   夢占い

昨日、夢を見ました。
高くて不安定な所にしがみついている夢。
降りたくても降りられず、見下ろした景色に、足がすくんでいる、そんな居心地の悪い夢でした。

高所恐怖症の私が、なんでまた、こんな夢見るんやろ…?( ̄へ ̄|||)と、少し不思議に思えたので、夢占いを調べてみました。

そうすると、ふむふむ。なるほど。
…確かに思い当たるふしあるかも(苦笑)


「高いところにいるがそこから降りることができないという夢は夢占いにおいて、自分の実力と合っていない評価をされているために居場所のなさを感じているということを示しています。必要以上の周囲からの負担に追い詰められている・・・という非常に居心地の悪さを感じている夢となっております。
この夢を見るということは、今のあなたが心のよりどころにできる場所がないということを示しているわけですが、これは周囲の期待に応えられるほどの実力を努力によって身に着けることができれば自然と解消されるものです。逆説的な努力の仕方であるとも言えますが、日々生活していく中で居心地の良い環境を手に入れるために、ぜひ一度頑張ってみましょう。」


公私ともに、さまざまなことが重なり、確かに少し心労気味です。
これも、今の私に与えられた試練なのかなぁと、思ったり。
はい。がんばります。

おそるべし~夢占い( ̄、 ̄;)ゞ

 

 


 

 

 

福流ラーメンは、さっぱり&コクもあり、美味しいですよ。

2017.3.22 残業中のご褒美

最近、仕事中に夕食を外で摂ることが多いのですが、昨日は当事務所が入っている三晃ビルの1階にあるラーメン屋「轍」さんへ行ってきました。
目下、ダイエット中なのではありますが、定期的に食べたくなってしまうのです…

「轍」さんの福流ラーメンは、今流行りの泡系。
いつも人気で、行列が出来ています。
スープは鶏ベースで、上にふわっと乗っているのは、ゆず風味のエスプーマ。
少し酸味のあって、さっぱりだけど、コクがあり、女性受けする味です。

先日の朝、いつものようにめざましテレビを観ていたら、ここのラーメンが紹介されていて、「ご近所まで来てるやん!!」と、朝からテンション上がり興奮してしまいました(笑)

当事務所のご近所まで来られる際には、ぜひともお試しくださいませ♪


 


 

 

2017.3.20 お彼岸のお墓参り

今日は、春分の日。
お彼岸ということもあり、母と奈良にある母方のお墓参りに行ってきました。
奈良へ向かう車のなかで、「どうしても一年に1,2回になってしまうね。」と母と話をしていたのですが、大阪から奈良。
近くて遠い…。
忙しいを言い訳に、行こうと思えば、行けるのでしょうから、
もう少し気に留めておきたいな、と感じました。

今日は春を感じる爽やかな一日。
お墓とお墓のまわりを少し念入りに綺麗にして、心も少し軽やかになりました。
感謝。

そういえば、お彼岸って…?
ふと思ったので調べてみました。

「彼岸」はサンスクリット語の「波羅密多」から来たものといわれ、煩悩と迷いの世界である【此岸(しがん)】にある者が、「六波羅蜜」(ろくはらみつ)の修行をする事で「悟りの世界」すなわち【「彼岸」(ひがん)】の境地へ到達することが出来るというものです。
太陽が真東から上がって、真西に沈み昼と夜の長さが同じになる春分の日と秋分の日を挟んだ前後3日の計7日間を「彼岸」と呼び、この期間に仏様の供養をする事で極楽浄土へ行くことが出来ると考えられていたのです。

(出典元:メモリアルアートの大野屋

 

 

 

2017.1

本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
皆様の一年が、なお一層輝き、酉年のごとく羽ばたける年となりますよう、お祈りしております。

2017年も、ひきつづき橋本行政書士事務所・Salviaマリッジカウンセリングをよろしくお願いいたします。

 

 

 

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6543-7727

受付時間:9:00~19:00(日祝を除く)

~同性婚~

Salvia
カウンセリングルーム

落ち着いた雰囲気の中、じっくりとお話をお聴きします

事務所概要はこちら

クレジットカードがご利用いただけます。

夫婦関係カウンセリング

行政書士 細竹里佳子
夫婦関係に不安・お悩みは
ございませんか?
一緒に考えましょう。

06-6543-7727

ご予約はこちらのフォームから24時間受付中!

この投稿をInstagramで見る

結婚に対する価値観が多様化し、再婚、事実婚、同性婚のカップルなど、さまざまなカタチがあります。 同棲なの?事実婚なの? 今さら切り出せないと仰る人は、少なくありません。 幸せなパートナー関係を築いていくためには、将来の不安を後回しにせず、少し言いにくいことも出し合って、しっかり話し合いましょう ルールを意識して生活することは、家族への優しさ・思いやりにつながります。 たとえば、こんな内容。 *事実婚としての婚姻の意思確認 *婚姻関係の責任を確認 *生活上でのルール *生活費・お金の管理 *親、親戚づきあいについて *法律婚への移行について *遺言書の作成について *事実婚の不安解消について *事実婚関係を解消する際の取決め 事実婚の不安解消と、パートナーへの優しさを形に #事実婚 #事実婚契約書 #パートナーシップ #パートナー契約書 #パートナーシップ契約書 #夫婦関係 #再婚 #同性婚姻 #同性婚 #夫婦関係カウンセリング #結婚契約書 #婚前契約書 #行政書士 #女性行政書士 #salvia #Salviaマリッジカウンセリング #同棲カップル #同棲生活

Salviaマリッジカウンセリングさん(@salvia.rikako_hosotake)がシェアした投稿 -

2015.6.16夕刊フジ

夕刊フジに事実婚の記事とともにSalviaが紹介されました。

朝日放送2014.12.23
雨上がりのやまとナゼ?しこ

夫婦円満のツールとしてSalviaが番組で紹介されました。