オーダーメイド結婚契約書【Salvia】結婚・事実婚・再婚・離婚の不安を解消 夫婦関係修復のための夫婦間契約書・婚前契約書・遺言書サポート【全国対応】

Salviaマリッジカウンセリング

    オーダーメイドの結婚契約書【Salvia】
    結婚・事実婚・再婚・夫婦再スタートのための契約書
    事実婚・再婚カップルのための遺言手続サポート
    離婚カウンセリング・離婚協議書サポート

面談・電話・メール[全国対応]

土曜日・夜間も受付します

大阪市西区西本町1-8-2 三晃ビル4階
橋本行政書士事務所内

地下鉄四つ橋線本町駅24番出口徒歩1分

06-6543-7727

再婚の不安を解消する方法とは?

再婚カップルの方々は、自分自身の過去を教訓にして、ぜひ次の結婚は夫婦円満にやっていきたいと強く願われていることでしょう。
それと同時に、慎重になる気持ちから「幸せになれる自信がない。」「子どもの気持を考えると躊躇してしまう。」と不安な気持ちを抱えている方も多くおられます。
なぜなら再婚カップルには慎重にならざるを得ないそれぞれの事情があります。
再婚に至るまでのお互いの家族、環境、ライフスタイルもそれぞれ…。
そんなお二人の不安を解消する方法をご紹介します。

再婚する前にしっかりと話し合っておきましょう。

お互いに背負っているものが大きく、折り合いをつけて生活をしていくことの難しさも感じておられるのではありませんか?
今、不安に感じていることは、きちんと出し合い、きちんと話し合っておきましょう。

再婚して、いざ生活が始まってしまうと、なかなか改まって話を切り出せないものです。
遺言書を作っておいて欲しいけど…
親との付き合いに決まりを作っておきたいけど…
子どもとの接し方、ちゃんと決めておけば良かった…

こんな風にならないために。

言いづらいこともあるかもしれませんが、再婚は失敗を繰り返さない努力ができる最大のチャンスでもあります。
しっかりとした意思確認を最初にしておくことは、家族が幸せになれることにつながります。
ぜひ、この機会に勇気を出してパートナーに切り出してみましょう。

再婚契約書は「転ばぬ先の杖」となります。

再婚のカップルにとって、子どもや親、家族のことなど互いに背負っているものが大きく、再婚を躊躇させる壁がいくつかあって普通だと思います。

家族がみな幸せになれる再婚が一番ですが、そう願うだけでは乗り越えられないシビアな問題があります。

再婚だからこそ「失敗したくない。悲しい想いはしたくない。」それが心からの気持ではないでしょうか。
不安に感じていることを、今話し合うことはお互いの関係に水を差すようなこと。「いつか、そのときが来たら話し合えばいい。」
それも一つの考え方だと思います。
しかし、離婚を経験された方ならば、夫婦という関係の脆さも経験されておられるはずです。

「わかり合えると思っていたのに…」という悲しい想いをされないためにも、今、抱えている問題に向き合い、話し合っておかれるべきだと思います。

最近では、「再婚契約書」を残しておかれるカップルが増えてきています。離婚を経験し、痛みを知っているがゆえの「転ばぬ先の杖」という考えでお作りになる方が多いようです。

再婚の場合は、結婚契約書の形式についてもご要望であれば、私署認証などの対応が可能です。
※私署認証とは…作った結婚契約書に、署名押印の真正を、公証人に証明をしてもらうことです。のちに「署名押印した覚えはない。」ということがないように、署名押印の真正を証明してもらいます。

たとえば、このような項目について盛り込まれるケースがあります。

・お互いの理想とするステップファミリー像
・夫婦間の固有財産・共有財産についての取り決め※
・連れ子との関わり方(養子縁組のこと、教育方針など)
・親・親戚づきあいのこと
・遺言書を作成しておくことについて
・家族間でのルール 
・万が一、離婚に至った場合の取決め など

まずは、話し合いのきっかけとなる「たたき台」
カウンセリングシートを作ってみませんか?

再婚や事実婚のカップルの方で「将来のために、いずれはきちんと文書を残しておきたいけれど、改まってパートナーへ切り出しにくい」と仰る方が意外にもたくさんおられます。

ご相談者様から「たたき台になるような文書を作ってほしい」というご要望から、オーダーでカウンセリングシートのみ単体でお受けすることにしました。
お二人に合わせたテーマで話し合いができるとご好評をいただいております。

ご相談者様の生のお声を聴いていると、やはり求められているのは「話し合えるきっかけ」なのだと感じています。結婚契約書まで作成するかしないかは別問題として、お二人の間で今、必要なことは話し合うこと。
「なかなか切り出しにくい。」「まずは話し合いたい。」と考えておられる方は、カウンセリングシートのみの作成もお受けいたしますので、お気軽にご相談ください。

詳しくはこちらをクリック

夫婦間の財産の取り決めとは?

結婚や再婚までの間に築いてきた預貯金や不動産などは、基本的に個人の財産となり、夫婦の共有財産から除きます。しかし、結婚(再婚)してから、生活がスタートすると、どこからどこまでが固有財産だったか曖昧になってしまいがちです。それを夫婦の共有財産と分けて、お互いに確認しておきましょう、というのが財産の取決めです。

二度と悲しい想いはしたくない。今、不安に感じていることをきちんと出し合い、きちんと話し合っておきましょう。

夫婦のルールブック【Salvia再婚契約書】再婚のお二人の転ばぬ先の杖になります。

再婚で子どもに与える影響は?再婚を期に固有財産をきちんと確認しておきたい。再婚契約書についてもっと知りたい等

再婚は当事者だけの問題ではない、と相談カウンセリングの場面でも感じています。
親・兄弟から反対されたり、子どもが反対したり、それぞれの立場から再婚をとらえた場合、少なからず影響を及ぼすのが再婚の特徴です。

たとえば、ご本人や再婚相手に、

  • 過去に、認知した子がいる。
  • 前婚で別れた子がいる。
  • 再婚後に生まれた子がいる。
  • 再婚時に養子縁組をしている。

このようなケースに当てはまりませんか?
上記の場合だと、すべての子に相続権があります。
相続の場面では、故人の出生からすべての戸籍謄本などを集めて全員の相続人を確定しますので、そのときに、何十年も会っていなかった子の存在が明るみに出て、揉め事に発展するようなことがあります。

最近は家族を不本意なトラブルに巻き込ませないために、家族への配慮という形で遺言書を残しておかれる方が増えてきています。

遺言書にはさまざまな法律上のルールがありますが、まわりの家族の希望や気持を反映させてお作りすることが可能です。

【よくいただくご質問】

・私たちのケースならば、どんな遺言書を残しておくべき?
・自分で遺言書を作ることはできますか?
・遺言書の証人をお願いすることはできますか?など


再婚時の遺言手続きのことで、不安ごとがあればお気軽にご相談ください。

・再婚に関する正しい知識を知っておきたい。
・再婚で子どもに与える影響は?
・再婚を期に固有財産をきちんと確認しておきたい。
・遺言書について、もっと知りたい。
・結婚契約書?どんなものかまずは話を聞いてみたい。

上記のようなご希望がございましたら、ご相談ください。

SALVIAマリッジカウンセリングの「SALVIA」の語源はラテン語の「治癒」「健康」を意味します。

幸せの光の中へこれから踏み出そうとしているカップルには、いつまでも円満で「健康」な関係を送っていただけるように。
悩みの中にある人には、ともに良い方向「治癒」へと進んでいただけるように。
SALVIAマリッジカウンセリングには、そんな願いが込められています。
再婚で不安やお悩みのときには、ぜひご相談ください。 

 

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6459-4950

受付時間:9:00~19:00

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6543-7727

受付時間:9:00~19:00(日祝を除く)

Salvia
カウンセリングルーム

落ち着いた雰囲気の中、じっくりとお話をお聴きします

事務所概要はこちら

結婚・再婚・事実婚・離婚・夫婦修復カウンセリング

行政書士 細竹里佳子
結婚・事実婚・再婚・離婚
不安はございませんか?
一緒に考えましょう。

06-6543-7727

カウンセリングご予約は
こちらのフォームから
24時間受付中!

2015.6.16夕刊フジ

夕刊フジに事実婚の記事とともにSalviaが紹介されました。

朝日放送2014.12.23
雨上がりのやまとナゼ?しこ

夫婦円満のツールとしてSalviaが番組で紹介されました。

  ~相続・遺言~

遺言書作成サポート・故人の遺産処分や慣れない手続をお手伝

相続・遺言の不安解消は橋本事務所へ!

 ご家族の方やご自身の
 老い支度は万全ですか?

詳細はこちら