オーダーメイド結婚契約書【Salvia】結婚・事実婚・再婚・離婚の不安を解消 夫婦関係修復のための夫婦間契約書・婚前契約書・遺言書サポート【全国対応】

Salviaマリッジカウンセリング

    オーダーメイドの結婚契約書【Salvia】
    結婚・事実婚・再婚・夫婦再スタートのための契約書
    事実婚・再婚カップルのための遺言手続サポート
    離婚カウンセリング・離婚協議書サポート

面談・電話・メール[全国対応]

土曜日・夜間も受付します

大阪市西区西本町1-8-2 三晃ビル4階
橋本行政書士事務所内

地下鉄四つ橋線本町駅24番出口徒歩1分

06-6543-7727

任意後見制度とは?

備えあれば憂いなし。事実婚カップルの将来の不安を解消するには…

任意後見制度とは?

事実婚のカップルに関する不安をお聞きすると、相続とともに多い答えが「将来のこと」「老後のこと」です。
今は元気であっても、誰しも年を取るにつれ、認知症などで判断能力が低下する心配が出てきます。

そこで「成年後見制度」というものがあります。これは、認知症などにより、判断能力が十分でない方が不利益を被らないように、その方を援助してくれる人(法定後見人)を付けてもらう制度です。

ただし、この制度では、家庭裁判所がふさわしいと判断した人が法定後見人となるため、法定後見人には誰がなるかわかりません。また、法律婚の夫婦の場合は、配偶者が法定後見の申立てをすることができますが、事実婚の場合はパートナーから法定後見の申立てができません。

また、本人は判断能力がない状態ですので、自分を監護してくれる人を事実婚のパートナーに指名したくても認知症になってしまってからでは、自分の意志は反映されません。

そこで、判断能力があるうちに、信頼できる第三者に、認知症になったときの財産管理や身上監護をお願いしておくものが「任意後見契約」です。

「任意後見契約」を結んでおけば、事実婚のパートナーや、同性のパートナー、信頼できる知人等に、判断能力が衰えた後の自分の世話をお願いすることができるようになります。


簡単に整理すると・・・
【法定後見】本人の判断能力が低下してからは、法定後見制度が適用されます。任意後見契約を結ぶことはできません。

【任意後見】本人の判断能力があるうちに契約しておきます。信頼のおけるパートナー等に後見人になるよう指定するには、任意後見契約を締結しておく必要があります。

「任意後見契約」と「財産管理委任契約」

「任意後見契約」は、認知症など判断能力が低下してから効力が生じるものです。
しかし、判断能力はしっかりしているけど、

  • 大きな病気をして寝たきりになったら?
  • 不慮の事故で身体が思うように動かなくなったら?
  • 外出が困難になって、本人がお金の引き出しや振り込みなどができなくなったら?
  • 入院などの手続きや生活に関わるお金の管理ができなくなったら?

このように、身体的能力が低下したときに、財産管理や身上監護をパートナーに代理権を与えておきたい場合は、「財産管理委任契約」を結んでおく必要があります。

判断能力が不十分になってから効力が生じる「任意後見契約」と違い、判断能力がしっかりされている時から、信頼のおけるパートナー等にお願いすることができます。
※ただし、金融機関等によっては、「財産管理委任契約」以外に「委任状」がなければ代理を認めないケースがあります。

簡単に整理すると・・・
【任意後見契約】判断能力が低下してから、はじめて効力が生じるものです。

【財産管理委任契約】判断能力はあるけれども、
身体的能力が低下したときに、財産管理や身上監護をパートナーに代理権を与えることができます。

任意後見契約の「移行型」にしておけば、なお安心です

大きな事故や病気で、身体が不自由になったとき・老後に判断能力を失ったときなど、いざというときに信頼できるパートナーに、ご自分の意思を託せるように、財産管理委任契約から任意後見契約までをサポートできるのが「移行型」です。

これは、任意後見契約の時に判断能力に問題なくとも、体の具合が良くないなどの理由により、将来の任意後見人を予定する人(任意後見受任者)に財産の管理をお願いしたいときに利用します。

もちろん、財産管理委任契約は必要ないという方は、任意後見契約のみ締結することもできます。
また、ご自身の葬儀や埋葬のことなど、死後の手続き、管理をお願いしたいなど「死後事務委任契約」の内容を盛り込むことが可能です。

ご夫婦のご希望をお伺いしたうえで、ご夫婦に合わせた文書作成をご提案いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

 

【参考】任意後見契約公正証書にかかる費用(実費)

  • 公証役場の手数料  1契約につき、11,000円。証書の枚数が法務省令で定める枚数の計算方法により4枚(法務省令で定める横書の証書にあっては、3枚)を超えるときは、超える1枚ごとに250円が加算されます。
  • 法務局に収める印紙代 2,600円
  • 法務局への登記嘱託料 1,400円
  • 正本謄本の作成手数料 1枚250円×枚数

※上記は実費ですので、当事務所の書類作成手数料は含まれておりません。

【任意後見契約】と併せて、【財産管理委任契約】を締結する場合には、その委任契約についてさらに同額の公証役場の手数料がかかります。
詳しくは個別にお問合せください。

 

お問合せフォーム

ご質問などございましたら、なんなりとお気軽にお問合せくださいませ。

(例:山田幸子)

(例:sample@yamadahp.jp)
入力間違いにご注意くださいませ。

費用についてお知りになりたい方はお気軽にお問合せください。

事実婚カップルのそれぞれにおかれている状況・決めておきたい内容によって異なります。まずはご相談・カウンセリングをさせていただき、その方に合った文書のご提案、見積りを提示させていただけたら幸いです。
でも、「だいたいどの程度費用がかかるの?」ご参考になりたい場合は、以下のフォームにご入力いただきお問合せください。

事実婚カップルにとって、もうひとつ気がかりなことはパートナーに「相続権がない」ということです。
パートナーの死後、遺言書を残しておかなかったために、法律上の相続人からの請求により、泣く泣く家を出なければならなくなったり、生活が苦しくなるケースが実際にあります。
このような悲しい想いをさせないために、事実婚のご夫婦はお元気なうちに、パートナーのためにきちんとした準備をしておきましょう。

平成27年6月16日発売の夕刊フジに大人の婚活事情というテーマで、「事実婚」に関する記事が取り上げられ、私の解説とともにオーダーメイドの結婚契約書【Salvia】が紹介されました。

事実婚で不安があればぜひご相談ください

  • 事実婚のデメリットや正しい知識を知っておきたい。
  • 遺言書について、もっと知りたい。
  • 結婚契約書がどんなものか話を聞いてみたい。
  • 任意後見契約について、もっと知りたい。

上記のようなご希望がございましたら、ご相談ください。
SALVIAマリッジカウンセリングの「SALVIA」の語源はラテン語の「治癒」「健康」を意味します。

幸せの光の中へこれから踏み出そうとしているカップルには、いつまでも円満で「健康」な関係を送っていただけるように。
悩みの中にある人には、ともに良い方向「治癒」へと進んでいただけるように。
SALVIAマリッジカウンセリングには、そんな願いが込められています。
再婚で不安やお悩みのときには、ぜひご相談ください。 

⇒細竹里佳子のつぶやき日記 

シングルマザーとして思春期の息子と向き合う日常。そして思いついたことを徒然なるままに書いています。

 

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6543-7727

受付時間:9:00~19:00(日祝を除く)

Salvia
カウンセリングルーム

落ち着いた雰囲気の中、じっくりとお話をお聴きします

事務所概要はこちら

結婚・再婚・事実婚・離婚・夫婦修復カウンセリング

行政書士 細竹里佳子
結婚・事実婚・再婚・離婚
不安はございませんか?
一緒に考えましょう。

06-6543-7727

カウンセリングご予約は
こちらのフォームから
24時間受付中!

2015.6.16夕刊フジ

夕刊フジに事実婚の記事とともにSalviaが紹介されました。

朝日放送2014.12.23
雨上がりのやまとナゼ?しこ

夫婦円満のツールとしてSalviaが番組で紹介されました。

  ~相続・遺言~

遺言書作成サポート・故人の遺産処分や慣れない手続をお手伝

相続・遺言の不安解消は橋本事務所へ!

 ご家族の方やご自身の
 老い支度は万全ですか?

詳細はこちら