オーダーメイド結婚契約書【Salvia】結婚・事実婚・再婚・離婚の不安を解消 夫婦関係修復のための夫婦間契約書・婚前契約書・遺言書サポート【全国対応】

Salviaマリッジカウンセリング

    オーダーメイドの結婚契約書【Salvia】
    結婚・事実婚・再婚・夫婦再スタートのための契約書
    事実婚・再婚カップルのための遺言手続サポート
    離婚カウンセリング・離婚協議書サポート

面談・電話・メール[全国対応]

土曜日・夜間も受付します

大阪市西区西本町1-8-2 三晃ビル4階
橋本行政書士事務所内

地下鉄四つ橋線本町駅24番出口徒歩1分

06-6543-7727

失敗しない再婚とは?

失敗しない再婚とは?

今や再婚は普通のこと。
4組に1組が、夫婦どちらかが再婚カップルです

結婚したカップル全体の4組のうち1組は、夫婦のどちらかが再婚カップルです。(厚生労働省統計より)離婚率の増加とともに、もう一度新しいパートナーと新たな人生を歩んでいこうという方が増えています。

再婚カップルの方々は、自分自身の過去を教訓にして、ぜひ次の結婚は夫婦円満にやっていきたいと強く願われていることでしょう。
それと同時に、慎重になる気持ちから「幸せになれる自信がない。」「子どもの気持を考えると躊躇してしまう。」と不安な気持ちを抱える方もおられます。

再婚カップルには慎重にならざるを得ないそれぞれの事情があります。

子どもや親のことなど互いに背負っているものが大きく、折り合いをつけて生活をしていくことの難しさも感じることでしょう。
一緒に居たいという純粋な気持だけで、結婚に向かうことができたらとても素敵なことですが、まわりの家族の気持や自分自身の揺れる心に、不安を感じる方も多いようです。

再婚の不安を解消する方法とは?

再婚後の離婚率は、初婚の離婚率よりも高い?

初婚の再婚率より再婚後の離婚率が高いと言われています。
子どもの問題だけではなく、再婚までにお互いに抱えている問題(親のこと、子のこと、前妻(夫)との関係など)がそれぞれにあり、再婚パートナーとの関係構築がより難しくなっていることが原因であると言われています。

また、初婚よりも再婚の場合は、一度離婚を経験していることで、結婚生活に行き詰ったとき、比較的安易に「離婚」という結論に至ってしまう傾向にあります。
離婚の制度や手続きのことも経験し、わかっているからこそ、そういった結論を出してしまいがちです。

一方で、再婚×再婚のカップルは、お互いに離婚を経験し失敗を知る者同士、次はそれを教訓として新しいパートナーとともに新たに家族をつくっていこうという気持が一致している場合が多いのですが、再婚×初婚カップルの場合は、いろいろな面で気持や認識のズレが生じることが多いのも事実です。

子どもがいるからこそ、子どもの気持を最優先に。
もちろん、大切なことです。
でも、子どもは、親が笑っていることに幸せを感じています。
親が笑顔でいるためには、再婚カップルのコミュニケーションがしっかりと取れていることが大前提。
子どもに愛情を注ぐのと同様に、パートナーへの気配りも円満な再婚へのポイントとなってきます。

再び幸せになれるチャンスだからこそルールは必要


再婚は、過去に結婚生活で失敗を経験しているからこそ、それらを克服し、失敗を繰り返さない努力ができる最大のチャンスでもあります。

でも、日常のささいなすれ違いから夫婦生活は脆く破綻してしまうもの。
再婚を機に、夫婦として家族として心がけて行くためのルールづくりをしておきませんか?
ルールを意識しながら生活することは、お互いそして家族への優しさ、思いやりにもつながります。

Salvia再婚契約書

言いづらいこともあるかもしれませんが、再婚は失敗を繰り返さない努力ができる最大のチャンスでもあります。
遺言書を作っておいて欲しいけど…
親との付き合いに決まりを作っておきたいけど…
子どもとの接し方、ちゃんと決めておけば良かった…

再婚したときに、しっかりと決めておらなかった方からの離婚相談をよくお受けしています。

契約書といっても、けして堅苦しいことばかりではなく、再婚するお二人はもちろんのこと、家族みんなが居心地の良い家庭をつくるためにどうすればいいか?そのためのルールづくりが「再婚契約書」です。

遺言書のことや離婚に至った場合の取決めの部分については、離婚率が高まっている現状において、保険と同じ「転ばぬ先の杖」となります。
ルールを意識して生活することは、家族への優しさ・思いやりにつながります。                       

当事務所オリジナルデザインの台紙に入れて、大切にお手元へお届けします。

  • 理想とするステップファミリー像
  • 子連れ再婚 子どもに関すること
  • 生活費やお金のこと
  • お互いの親や親戚づきあいについてのルール
  • 遺言書を残すかどうか
  • 夫婦それぞれの独身時代の財産について

再婚契約書ならこんな不安を解決できます。

事例のご紹介

「子連れでの再婚で不安がありましたが、今回、文書作成にあたって、二人で沢山話し合えました。」
                       (神戸市 T様・M様)

連れ子がいる再婚ですのでとても不安を抱えておられました。パートナーの理解もありましたが、この際しっかりと文書を残しておこうという気持が一致。子どもはまだ小さいので、これからの夫婦の方針や、元夫との面会のこと、大きくなったときの子どもとの関わり方、親や親せき付合いについての取決め、再婚だから決めておきたいことを契約書(私署証書認証)に残されました。

「前の結婚で揉めたことは繰り返したくない気持でした。文書を残こすことで前に進めそうです。」
                        (東京都  S様・A様)

前の結婚で嫁姑問題でかなり苦労をされた苦い経験がおありで、再婚に踏み切ることに対して躊躇をしておられました。お互いの親と同居はしない。同居しない代わりに金銭的援助などの協力は行うこと。その約束を形に残しておきたいという想いが強くおありでした。その他、金銭の取決めもしっかりと契約書(私署証書認証)に残されました。

お問合せフォーム

ご質問などございましたら、なんなりとお気軽にお問合せくださいませ。

(例:山田幸子)

(例:sample@yamadahp.jp)
入力間違いにご注意くださいませ。

子連れでの再婚のケースや、別れた夫(妻)に子がいるケース。さまざまな再婚があります。遺言書を作成しておくことが家族を争いから守ることにもつながります。

「もう失敗したくない。」再婚される方の本音ではないでしょうか。不安を解消するためにしておくべきことをまとめました。

再婚契約書を残しておかれるカップルが増えてきています。離婚を経験し、痛みを知っているがゆえの「転ばぬ先の杖」という考えで作成されています。

まずは、話し合いのきっかけとなる「たたき台」
カウンセリングシートを作ってみませんか?

再婚や事実婚のカップルの方で「将来のために、いずれはきちんと文書を残しておきたいけれど、改まってパートナーへ切り出しにくい」と仰る方が意外にもたくさんおられます。

ご相談者様から「たたき台になるような文書を作ってほしい」というご要望から、オーダーでカウンセリングシートのみ単体でお受けすることにしました。
お二人に合わせたテーマで話し合いができるとご好評をいただいております。

ご相談者様の生のお声を聴いていると、やはり求められているのは「話し合えるきっかけ」なのだと感じています。結婚契約書まで作成するかしないかは別問題として、お二人の間で今、必要なことは話し合うこと。
「なかなか切り出しにくい。」「まずは話し合いたい。」と考えておられる方は、カウンセリングシートのみの作成もお受けいたしますので、お気軽にご相談ください。

詳しくはこちらをクリック

Salvia結婚契約書はメディアで紹介されました!

「雨上がりのやまとナゼ?しこ」
ABC朝日放送 2014.12.23放送分

Salvia結婚契約書が番組で紹介されました。

再婚でこのようなお悩みはございませんか?

  • 再婚に関する正しい知識を知っておきたい。
  • 再婚で子どもに与える影響は?
  • 再婚を期に固有財産をきちんと確認しておきたい。
  • 遺言書について、もっと知りたい。
  • 再婚契約書がどんなものか話を聞いてみたい。

上記のようなご希望がございましたら、カウンセリングを賜ります。お気軽にご相談くださいませ。

 

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6543-7727

受付時間:9:00~19:00(日祝を除く)

Salvia
カウンセリングルーム

落ち着いた雰囲気の中、じっくりとお話をお聴きします

事務所概要はこちら

結婚・再婚・事実婚・離婚・夫婦修復カウンセリング

行政書士 細竹里佳子
結婚・事実婚・再婚・離婚
不安はございませんか?
一緒に考えましょう。

06-6543-7727

カウンセリングご予約は
こちらのフォームから
24時間受付中!

2015.6.16夕刊フジ

夕刊フジに事実婚の記事とともにSalviaが紹介されました。

朝日放送2014.12.23
雨上がりのやまとナゼ?しこ

夫婦円満のツールとしてSalviaが番組で紹介されました。

  ~相続・遺言~

遺言書作成サポート・故人の遺産処分や慣れない手続をお手伝

相続・遺言の不安解消は橋本事務所へ!

 ご家族の方やご自身の
 老い支度は万全ですか?

詳細はこちら