オーダーメイド結婚契約書【Salvia】結婚・事実婚・再婚・離婚の不安を解消 夫婦関係修復のための夫婦間契約書・婚前契約書・遺言書サポート【全国対応】

Salviaマリッジカウンセリング

    オーダーメイドの結婚契約書【Salvia】
    結婚・事実婚・再婚・夫婦再スタートのための契約書
    事実婚・再婚カップルのための遺言手続サポート
    離婚カウンセリング・離婚協議書サポート

面談・電話・メール[全国対応]

土曜日・夜間も受付します

大阪市西区西本町1-8-2 三晃ビル4階
橋本行政書士事務所内

地下鉄本町駅㉔㉗⑲出口から徒歩1分

06-6543-7727

離婚後の戸籍・姓について

夫が筆頭者である戸籍に入っていた妻の場合、離婚すると夫の戸籍から除籍されます。
子供がいないのであれば、妻は離婚後に自分を筆頭者として新しい戸籍を作るか、それとも結婚前の親の戸籍に入るか選ぶことになります。


子供がいる場合、夫の戸籍から除籍された妻は、子供と一緒に結婚前の戸籍に入ることはできませんので(三代戸籍の禁止)新しい戸籍を作り、その戸籍に子供を入籍させることになります。

子供は妻が夫の戸籍から除籍されても、親権者がどちらであれ、そのまま夫の戸籍に残ることになりますから、子どもを自分の戸籍に移すのであれば、入籍の手続が必要です。


離婚後の姓について

離婚後に名乗る姓を、旧姓に戻すのか、結婚中に使っていた名字(婚氏)をそのまま名乗るのか選ぶことができます。離婚から3ヵ月以内であれば「離婚の際に称していた氏を称する届」を役所の戸籍係に提出すれば認められます。
これには相手の同意や承諾はいりません。

ただし、この届出をすれば、戸籍上の名前も結婚中の名字(婚氏)で記載されます。
一度届出をしてしまうと、後でやはり旧姓に戻したいということになっても、家庭裁判所に申立てをしなければなりません。また、特別な理由がなければ認められませんので注意が必要です。

行政書士 細竹里佳子のワンポイントカウンセリング

小学校中学年以上のお子さんがおられる場合、婚氏を選ばれるケースが多いようです。子供がおかれている状況や環境などをよく考えて、どちらの姓を名乗っていくのか慎重に検討しましょう。

行政書士 細竹里佳子のコラム~離婚後の姓~

以前に離婚相談で応対させていただいた方から、離婚後に名乗る姓についてのご質問がありました。

また、ご相談の中で、離婚後の氏の選択について、「どうすべきでしょうか?」という話をよくうかがいます。
お子さんが就学前の方は、旧姓を選ぶ方が多いようですが、お子さんが小学生以上になると、
やはり子の気持ちや学校生活への影響を考えて結婚時の氏(婚氏)を選ぶ方が多くなります。

また、仕事を持っておられる方も多いため、氏が変わることで支障をきたすケースは少なくありません。
職場では通称名で通せる、という場合はいいのですが、国家資格をお持ちでそれを職業とされている場合、登録の変更は必至ですからそれによってさまざまな不都合が生じることもあります。

離婚の際、通常は婚姻前の氏に戻りますが、離婚後三か月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法第77条の2)を届出ることでそのままの氏を選択することができます。

しかし、いったん婚氏続称を選ぶと、後に旧姓に戻したいと思っても、原則、氏の変更はできません。
婚氏続称の届出は、たった紙切れ1枚の届出のようですが、これは戸籍法第77条の2に基づくもので、本来、氏の変更というのは「やむを得ない事由」にのみ家庭裁判所の審判により変更が認められています。(戸籍法第107条1項)

ですから、婚氏続称の届出は、家庭裁判所の審判を必要とせずに届出によって認められる、戸籍法第107条1項の特則なのです。

「やむを得ない事由」というのは、社会通念上、不都合・不利益と言えるようなことですから、個人的な事情があっても、第三者がそれを聞いて不都合・不利益だと思えるような客観的な理由がないと難しいのです。

離婚後の氏については、その方におかれている個々の事情があるでしょう。
離婚後、のちのことも考えてじっくりと決めていただきたいものです。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6543-7727

受付時間:9:00~19:00(日祝を除く)

Salvia
カウンセリングルーム

落ち着いた雰囲気の中、じっくりとお話をお聴きします

事務所概要はこちら

結婚・再婚・事実婚・離婚・夫婦修復カウンセリング

行政書士 細竹里佳子
結婚・事実婚・再婚・離婚
不安はございませんか?
一緒に考えましょう。

06-6543-7727

カウンセリングご予約は
こちらのフォームから
24時間受付中!

2015.6.16夕刊フジ

夕刊フジに事実婚の記事とともにSalviaが紹介されました。

朝日放送2014.12.23
雨上がりのやまとナゼ?しこ

夫婦円満のツールとしてSalviaが番組で紹介されました。

  ~相続・遺言~

遺言書作成サポート・故人の遺産処分や慣れない手続をお手伝

相続・遺言の不安解消は橋本事務所へ!

 ご家族の方やご自身の
 老い支度は万全ですか?

詳細はこちら