オーダーメイド結婚契約書【Salvia】結婚・事実婚・再婚・離婚の不安を解消 夫婦関係修復のための夫婦間契約書・婚前契約書・遺言書サポート【全国対応】

Salviaマリッジカウンセリング

    オーダーメイドの結婚契約書【Salvia】
    結婚・事実婚・再婚・夫婦再スタートのための契約書
    事実婚・再婚カップルのための遺言手続サポート
    離婚カウンセリング・離婚協議書サポート

面談・電話・メール[全国対応]

土曜日・夜間も受付します

大阪市西区西本町1-8-2 三晃ビル4階
橋本行政書士事務所内

地下鉄本町駅㉔㉗⑲出口から徒歩1分

06-6543-7727

面会交流について

子供にとって親は、かけがえのない存在です。
また、離婚の原因が何であれ、子供と離れてしまう親にとって我が子と会える時間は、大切にしたいもの。
夫婦のこじれてしまった感情は、子供の面会交流にも影響しがちです。
「会わせたくない!」と拒絶してしまう気持はわかります。
しかしそれは本当に子どもにとってプラスになることなのでしょうか…?

親としての責任を果たさない人。
子どもに危害を加えるおそれのある人などは面会交流をする権利はありませんが、
子どもを引き取った親が、一方的に特別な理由もなく面接交渉権を拒絶することはできません。

面会交流の取り決めの一例

○子供に会うのはどれくらいの頻度にするか。
○子供に会う際、宿泊するのはOKか。
○子供を引き渡す時はどのような方法を取るか。連絡方法はどうするか。
○学校などの行事、授業参観や運動会などに行ってもよいか。
○子供へのプレゼントや手紙は渡していいかどうか。
○子供の気持をどう優先するか。
 (会いたい、会いたくない等の意思が出てきたときなど)

行政書士 細竹里佳子のワンポイントカウンセリング

感情的に面会交流を拒絶してしまうことは、子どもの心の成長に、さまざまな影響を与えています。子ども自身は親に会えないことで「見捨てられた」という心の傷を植え付けることもあるので、冷静に話し合っていただきたいと思います。

行政書士 細竹里佳子のコラム ~面会交流~

離婚後、しばらくすると子どもに会えなくなった。
養育費も支払っているというのに。
とある男性のケースです。

この男性は離婚の際に、離婚協議書を残しておられませんでした。
夫婦ともに子どもの学校などの行事には積極的に参加してこられましたし、離婚してからもその関係だけは保っていけると、そう信じて疑わなかったようです。

離婚協議書を作成する際に、面接交渉の取り決めについては、「どうしましょうか?」と希望をお尋ねすると、「とくに決めていません」という答えが返ってくることが多いものです。
わりと円満な離婚であればあるほど、そのあたりを曖昧にしがちです。

必ずしも、細かく規定する必要はありませんが、少なくとも会える権利は書類で取り決めしておくべきです。
今は大丈夫かもしれません。
でも、3年先、5年先も良好な関係でいられるでしょうか・・・?
どちらかが、再婚したらどうでしょう?
または、なにかのきっかけで感情的になって、会わせたくないと突然言われたら・・・・?

あなたなら、どうしますか?

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6543-7727

受付時間:9:00~19:00(日祝を除く)

Salvia
カウンセリングルーム

落ち着いた雰囲気の中、じっくりとお話をお聴きします

事務所概要はこちら

結婚・再婚・事実婚・離婚・夫婦修復カウンセリング

行政書士 細竹里佳子
結婚・事実婚・再婚・離婚
不安はございませんか?
一緒に考えましょう。

06-6543-7727

カウンセリングご予約は
こちらのフォームから
24時間受付中!

2015.6.16夕刊フジ

夕刊フジに事実婚の記事とともにSalviaが紹介されました。

朝日放送2014.12.23
雨上がりのやまとナゼ?しこ

夫婦円満のツールとしてSalviaが番組で紹介されました。

  ~相続・遺言~

遺言書作成サポート・故人の遺産処分や慣れない手続をお手伝

相続・遺言の不安解消は橋本事務所へ!

 ご家族の方やご自身の
 老い支度は万全ですか?

詳細はこちら