大阪市西区 夫婦関係の相談ならSalviaマリッジカウンセリングへ。全国対応。離婚相談、離婚協議書、オーダーメイドの結婚契約書、夫婦関係修復契約書

Salviaマリッジカウンセリング

    オーダーメイドの結婚契約書【Salvia】
    離婚カウンセリング、離婚協議書サポート   
    夫婦関係修復契約書ならSalviaへご相談ください。

[全国対応]

土曜日・夜間も対応します

大阪市西区西本町1-8-2 三晃ビル4階
橋本行政書士事務所内

地下鉄本町駅㉔㉗⑲出口から徒歩1分

06-6543-7727

事実婚を認めてもらうには?

「事実婚」と対外的に認めてもらうには?

事実婚=結婚生活と思っているけど、相手がどこまで真剣に考えているか心配。
「ズルズルと気持の上でけじめがなくなるような気がして心配」。

○事実婚のカップルであっても、結婚式を挙げる方は多くおられます。
家族や親せき、まわりの人たちに祝福をしてもらうことで二人が夫婦として認められる。また、儀式として結婚式を挙げることで、お互いに夫婦である意識が高まります。また、パーティを開催したり、家族・親戚と記念写真を残こすことは、二人が事実婚であることの客観的事実が残ります。

○住民票は同一にしておきましょう。いずれかを世帯主として届出をすれば、住民票には、夫(未届)妻(未届)と記載されます。そうすることで同一世帯として認められます。住民票を同一にしておけば、いろいろな手続き(年金や健康保険など)の面でも楽です。

しかし、事実婚は法律婚と違って、当然に法律上の保護を受けることができないので、不利になることがあります。
たとえば、加給年金や遺族年金の支給を受ける際などは、事実婚であることを証明しなければなりません。
公的機関に事実婚が認められるためには、事実婚の【合意】があること、そして、同居し生計を同一としている【事実の存在】を総合的に判断されますので、場合によっては事実婚が認められないこともあります。
そういった意味では、対外的に事実婚を認めてもらうのはハードルが高いと言えます。
「いつから」、「同居・同一生計でどんな風に夫婦が生活を送っていたのか」、客観的な材料をきちんと保管しておく必要があります。

事実婚契約書を残しておく意味はここにもあります。
お二人の意思確認のためだけでなく、「いつ」の時点から「合意」の上で「同居・同一生計」での「夫婦生活」を送っていたのかが明確になります。


(例)
自宅が賃貸住宅であれば、契約が夫婦連名になっている賃貸借契約書
公的機関から自宅に届いた連名の郵便物
生計が同一とわかるような税務関係書類
結婚式の写真、親戚などと一緒に写っている写真  など

 

ワンポイントカウンセリング

事実婚の夫婦で、生命保険で保険金受取人を事実婚の夫(妻)にする場合などは、ご近所の方や、民生委員さんに第三者として夫婦であることを証明していただく必要が生じるケースもあります。そんなことも想定して、ご近所付き合いを大切にしておきましょう。

事実婚契約書Salviaなら、こんな不安を解消できます。

当事務所のオリジナルデザインの台紙に入れて、お手元へ届けます。

詳しくはこちらをクリック

カウンセリングの現場から

事実婚のお二人。慈しむ気持

今日は、事実婚を選ばれたお二人が当事務所へお見えになりました。
お二人揃ってというケースは比較的少ないのですが、仲の良いお二人のオーラを感じながら、私自身も温かい気持でカウンセリングさせていただきました。

事実婚を選択することは、なんらかの障害や問題を抱えておられることが多いものです。
それがかえって、相手を慈しむ=優しさに繋がることを、今日のお二人を見ていて率直に感じました。
事実婚という関係は、お二人にその意思があり、実体があれば、だれがなんと言おうと、「夫婦」にちがいありません。
しかし、日本では法律上、届出による婚姻を優先しています。
いろいろな夫婦の実体があるとはいえ、現状では、事実婚が社会的に必ずしも認められているわけではありません。
だからこそ、「慈しむ気持」が大切だと思います。

パートナーが不安を抱えていないか?
つらく、寂しい想いをしていないか?
想像力を働かせ、相手の立場になって考える。

それが自然とできるお二人には、法律婚以上の夫婦の絆が生まれるはずだと私は思います。

今回、男性側からお問合せをいただいたのがきっかけでした。
なぜ、事実婚契約書を残そうと思いましたか?
カウンセリングで必ずお訊ねするのですが、そこにはお相手に対する優しさがありました。

少しでもお互いの不安を解消できる文書を。
「慈しむ気持」を形に、心を込めておつくりしたいと思います。

 

事実婚で不安があればぜひご相談ください

生活費・お金の管理、お互いのライフスタイルなど、お互いがより心地よく暮らしていくための約束ごとを決めておきませんか?本音で向き合える関係をつくっていくことこそ夫婦円満の秘訣です。


また、事実婚のカップルの将来の不安を解消できるよう、

  • 事実婚のための結婚契約書
  • 話し合いの「たたき台」カウンセリングシートの作成
  • 任意後見契約
  • 遺言書の作成や生前贈与に関するご相談
    にも対応しています。

まずはお気軽にご連絡ください。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6543-7727

受付時間:9:00~19:00(日祝を除く)

Salvia
カウンセリングルーム

落ち着いた雰囲気の中、じっくりとお話をお聴きします

事務所概要はこちら

夫婦関係カウンセリング

行政書士 細竹里佳子
夫婦関係に不安・お悩みは
ございませんか?
一緒に考えましょう。

06-6543-7727

カウンセリングご予約は
こちらのフォームから
24時間受付中!

2015.6.16夕刊フジ

夕刊フジに事実婚の記事とともにSalviaが紹介されました。

朝日放送2014.12.23
雨上がりのやまとナゼ?しこ

夫婦円満のツールとしてSalviaが番組で紹介されました。